2015年11月26日

京都 火裏蓮花

京都にある Cafe 火裏蓮花に行ってきました。

karirenge007.JPG

Google Mapを注意深く見つめながあるかないと辿りつけない、地理的に一見さんお断りのお店。隠しているとしか思えないような細ーい路地を歩いて行くとたどり着く。古民家カフェ。

karirenge009.JPG

karirenge001.JPG

karirenge002.JPG

・細い路地の向こうにあり、よそ者は一発で辿りつけない。
・お洒落感漂う古民家カフェ。
・かき氷

この辺は代々木上原のmimetっぽい。

代々木公園 mimet

代々木公園駅近くのmimetに行ってきました。
代々木公園駅から住宅街を南に数分歩くとたどり着く。が、民家の中にあるので、GoogleMapで現在地を確認しながら歩いてもなかなか辿り着けないだろう。


わりと朝早くから開店しており営業時間長め。ところが、かき氷提供時間は午後の一部の時間帯だけ、というトラップがあるあたりもmimetっぽい。
※たしか14時〜17時だったと思うので、行く人はfacebookとかで確認したほうが良いでしょう。

メニュー
karirenge010.JPG

橘香るけずりひ
karirenge003.JPG

karirenge006.JPG

karirenge004.JPG

karirenge005.JPG

なんかでかいの来た。子供の頭くらいありそうな巨大かき氷。まあ、でもこれくらいの大きさならこれまで何度も食べてきたから大丈夫。。。そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

氷は粉雪系で、しっとりとした蜜がじっくり染みこんでおり、氷がギュッと詰まったかき氷。ふわふわのかき氷は見た目がかなり巨大でも、中身はスカスカ、じゃなくて空気をたっぷり含んだ柔らかい盛り付けになっているので、案外さくっと食べれてしまう。

しかしここの氷は中身がぎっしり。隙間なく氷と蜜で埋め尽くされており、食べても食べてもなくならない。半分食べ終わった頃にはお腹いっぱい。不味ければ残すところだけれど、味自体はなかなかうまい。なんとか食べきったが、やはり多すぎる。食べ過ぎで気持ちが悪くなるレベル。

店の雰囲気も良いし、味もなかなか美味しいけれど、量が多すぎる。半分どころか1/3で調度良いくらいではないだろうか?なんでこんな阿呆みたいな超山盛りにしたのか全く理解に苦しむ。作った人はこれを楽しく全部食べられるのだろうか?

多くの人にとってかき氷は主食ではないので、普通の人が食べてる途中で腹一杯になってしまうような分量ではなく、甘いもの用にとっておいた別腹に、すんなり収まる程度の分量に抑えておくべきではないだろうか。この店は極端な山盛りに、何か特殊な矜持でもあるのかしら。

味は良くてもこの量では途中からうんざりしてしまう。量を減らして値段を下げれなかなか素晴らしいかき氷だと思うけどね。二人か三人で一つを食べる方が良いのではないでしょうか。間違っても食後のデザートとしてこれを一人で食べるのはやめたほうが良いでしょう。

他のお店も食べ歩きしたくなったら参考に↓

かき氷店私的ランキング

これまでに行ったお店を一覧にまとめてみる事にしました。以下表のタイトル行部分をクリックすると、その列をキーにソートする事ができます。


カフェ 火裏蓮花

昼総合点★★★☆☆ 3.3


広告




にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村
posted by かおる at 22:07 | Comment(0) | かき氷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。