2015年05月26日

耶馬溪 亜細亜食堂cago

大分県中津市耶馬渓町にある亜細亜食堂cagoに行ってきました。

cago005.JPG
耶馬溪の青の洞門から車で約10分、民家の間の細い上り坂を登っていくと、バルンバルンの森?とかいうキャンプ場があり、そこに亜細亜食堂cagoはあります。

こんな感じでフリーマーケットみたいなことをやっています。マルシェというらしいです。
cago012.JPG
ラブアンドピースでオーガニックでロハスでヒッピーな感じ
cago011.JPG

広場の奥のほうにお洒落感漂うお店があります。
cago001.JPG

cago002.JPG

cago003.JPG

自家製ジンジャシロップのジンジャー
cago006.JPG

cago007.JPG
450円。割と小ぶりでちょうどよい。氷はちょとジャリっとしたかんじ。しょうがのぴりっとした味が割とうまい。特別美味しい氷というわけでもないけど、このお店は雰囲気がいい。特に窓際の席からの眺めは最高でしょう。

広場にはツリーハウスがあり、子供たち大喜び。大人も乗れる頑丈さ。定員二人だそうです。
cago008.JPG

絵になる風景用の額?
cago009.JPG

ちなみに青の洞門というのは菊池寛の『恩讐の彼方に』のモデルとなった坊さんが掘ったトンネルです。ここまで来たら一度見ておいても損はないでしょう。普通は青の洞門見物のついでにこの店に来るのか?

亜細亜食堂cago

昼総合点★★★☆☆ 3.1






posted by かおる at 23:03 | Comment(0) | かき氷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。