2014年10月22日

石垣島 石垣島冷菓

石垣島の石垣島冷菓に行ってきました。

file013.txt.jpg

石垣島は島の南西部に大きな港があり、その周辺が市街地となっている。この港からは西表島等、近隣の離島へ向かう定期船も出港している。市街地のお土産屋の集まるメインストリートを抜け、北に向かって数分歩いて行くと、石垣島冷菓にたどり着く。

file001.txt.jpg
通りには南国っぽい花が咲いておる。

file002.txt.jpg
沖縄の街並みはなんというか、廃墟感が漂っておる。たんに潮風のせいで外壁の塗装が剥落しているだけなのか、実際に廃墟になっているのか、その両方なのか。しかも日中は暑いから島の人はあまり外に出ないらしく、人影が全然ないところが廃墟感を5割り増しくらいにしてくれる。

もうこの辺、民家しかないんじゃないかしら、と思った頃に現れる。先客は二人。とくに行列とかはない。

file007.txt.jpg
店内には保育園か、小学校低学年くらいで使ってそうな小さい木の机と椅子があり、それに座ってかき氷を食べるあたりは氷工房石ばしのような感じ。

氷ぜんざい+練乳
file011.txt.jpg
250円くらいで、トッピングは50円。まあだいたい300円くらい。氷の量は、最近の天然氷系のかき氷屋の半分くらいかな。デザートとして本来あるべき姿だ。

氷は粉雪系で若干シャリっとして割とふんわりしておる。黒糖がなかなか美味しい。ちっちゃいよもぎ餅が入っている。

コーヒー+練乳
file012.txt.jpg

file009.txt.jpg
値段は氷ぜんざいと同じくらい。コーヒー牛乳みたいな味。氷の感じはぜんざいと一緒。

300円前後で、ちょうどいいサイズ。お手軽だけど毒々しくない蜜をかけたここの氷の素朴な味は、都内のかき氷狂騒とは一線を画す、ちょっと新鮮な味わい。

関東圏だと妙に凝った高価なかき氷か、ちょっと細かく砕いただけの氷に着色料+砂糖水をかけた安いかき氷かどちらか、みたいな状況だし。

かき氷はこれくらいの値段と量と味が、本来あるべき姿なんじゃないかと思った。

おまけ ユーグレナガーデン

市街地のお土産屋がならぶアーケード、よくみると「ユーグレナモール」と書いてある。

file004.txt.jpg
たしかユーグレナって名前のミドリムシの大量培養に成功したベンチャー企業があるけど、何か関係あるか?と思って調べてみると、石垣島にミドリムシ培養工場?があるらしく、ユーグレナが命名権を買ったそうな。

で、このユーグレナモールの端にユーグレナガーデンなるカフェがあったので、ちょっと行ってみた。

file014.txt.jpg

file006.txt.jpg
結構きれいで、おしゃれ感漂うお店。

ユーグレナ スムージー
ゆーぐれな.jpg
ユーグレナ入りのスムージー。凄まじい音をたてて作ってくれる。なんであんなに音がでかいのかちょっと謎。味はなかなか美味しい。ミドリムシ感は無い。というか、ミドリムシ500mg配合とかそんなもんみたいですが。

まあ、いつか石垣島の名産がミドリムシになる日も来るのかもしれない。
posted by かおる at 21:04 | Comment(0) | かき氷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。